妊娠・授乳期の為の貧血対策

65歳以上と貧血

おじいちゃんどうしても、高齢になると噛む力や味覚、嗅覚などが衰えてきます。そのために小食になりがちです。
胃酸の分泌や消化管の運動も低下して、鉄やビタミンB12などの吸収が低下しやすくなるため、高齢者には貧血がよく見られます。
貧血予防というと、レバーや肉類が思い浮かびますが、これらはとりすぎると、コレステロールや中性脂肪を多く摂取することになり、生活習慣病の原因にもなりますので、魚、大豆・大豆製品、野菜、果物など、多くの食材から鉄分や栄養をバランスよく摂取してください。また、酢やかんきつ類など酸味のあるものを料理に活かすと、胃酸の分泌を高め、消化を促します。葉酸が欠乏すると、動脈硬化を進するホモシスティンが増えるといわれています。葉酸の多い緑黄色野菜や果物、レバー、豆類などをバランスよくとるように心がけてください。ビタミンB12の多い魚介類も、多めにとるとよいでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ