再生不良性貧血の症状や原因について。再生不良貧血とは、血球成分が十分に作られない事が原因で起こる貧血です

再生不良性貧血

再生不良性貧血は、その骨髄中の造血幹細胞が障害されて、血球成分が十分につくれなくなるために起こる貧血

骨髄では、赤血球のほかに白血球や血小板などもつくられていますので、再生不良性貧血になると、これらの血球も不足してきます。多くの場合、原因は不明で確実な治療法もないため、厚生労働省の難病指定を受けており、治療費が補助されます。

症状

貧血の一般症状のほかに、白血球が減りますので抵抗力がなくなり、発熱やのどの痛みなど、かぜのような症状も出てきます。また血小板が減ると血液が固まりにくく、出血が止まらなくなったりします。打撲をすると、皮膚に内出血によるあざができやすくなります。

原因

先天的に骨髄の造血機能が悪い場合もありますが、よく見られるのは血球のもとになる細胞が激減して、その部分が脂肪組織におきかわってしまうケースです。なぜこのようなことが起こるのか原因は不明ですが、自分で自分の組織を異物として攻撃してしまう自己免疫疾患ともいわれます。また薬剤、化学物質、放射線などの影響が考えられる場合や、肝炎ウイルスの感染が原因となることもあります。

治療

軽症の場合を除いて、ほとんどは輸血が必要になります。骨髄移植を選択するケースもあります。ステロイドなどの薬による免疫抑制療法が効果的な場合もあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ