血液の仕組みを知ろう。血液の仕組みを知る事が、貧血を理解する近道です。赤血球、白血球、血小板、血漿など、それぞれの仕組みをしろう

血液の仕組み

貧血は、血液の赤血球に含まれるヘモグロビンの量が減り、酸素不足の状態になる病気です。貧血を知るために、血液の仕組みを知っておきましょう。

人間の体をつくっている細胞は、酸素や栄養分をとり込み、一種の「燃焼」を起こしてエネルギーを発生させ、生命を維持しています。この活動のもとである酸素や栄養分を、全身の細胞に届けているのが血液です。血液は、大きく、血球と呼ばれる形のある成分(血液容積の40%)と、血漿と呼ばれる液状の成分(同60%)とで構成されています。

血液は、骨髄の造血幹細胞によって作られます

全身の血液量は、体重の13分の1ほどで、体重50kgの人で、約4リットルです。

私たちの細胞は、酸素や栄養分を含んだ大量の血液が絶えず体中を回ることによって生きています。それであらゆる臓器や組織が働き、生命が維持されているわけです。骨の中心部にある骨髄には、【造血幹細胞】という細胞があり、造血幹細胞にて、常に新しい血球(赤血球、白血球、血小板)が作られています。そのため骨髄は、造血器と呼ばれています。骨髄でつくられる赤血球は、初めは原始的な姿で核があり、まだヘモグロビンも含んでいません。それが成熟するにつれて、核は小さく凝縮し、それとともにヘモグロビンがつくられていきます。そして核が赤血球から脱出してしまうと、初めて成熟した赤血球となり、血管内に送り出されます。なお、赤血球の主な成分であるへモグロビンは、鉄を含むタンパク質でできています。そのため鉄が不足するとヘモグロビンの生成がスムーズに行われません。

赤血球

正常な赤血球は円盤のような形をしています。赤血球の表面は薄い膜でおおわれ、その中にヘモグロビン(血色素)があります。血液が赤色に見えるのは、ヘモグロビン色素が赤いためです。この、ヘモグロビンは、タンパク質と鉄が結合してできたもので、この鉄が酸素をとらえ体のすみずみまで運ぶ役割をします。また代謝で生まれた二酸化炭素を肺に運び、体外に排出する役割もあります。

赤血球の寿命

赤血球は、全身を循環し、120日ほどたつと脾臓で破壊されるため、正常な人で、赤血球全体の0・8%が毎日死滅しているといわれます。そのため、血液中の赤血球の数を一定に保とうとすると、その分を毎日補給することが必要になります。
赤血球を一定に保つため、骨髄は、眠っている間に活発に血球を生産します。睡眠中の体のいちばん大きな仕事は、血液をつくることだともいえます。そのため寝不足がつづくと、体は古い血液を使い回すようになり、血液検査にもあらわれるほど、血液はよごれていきます。
寿命がきた赤血球は死滅しますが、中に含まれていたへモグロビンは遊離して、ヘムとグロビンに分かれ、ヘムはさらに鉄とポルフィリン体に分解されます。グロビンと鉄は肝臓や牌臓で処理され、再びヘモグロビンの素材として利用されます。鉄はこのようにリサイクルされるのでロスがなく、排泄されるのは1mg程度の少量です。
なお、鉄は血液のほかに肝臓などにも貯蔵されています。そして、体内に鉄が少なくなると、まずこの貯蔵されている鉄が消費され、次に血液中の鉄が減っていきます。つまり鉄が不足しても、貯蔵分があるうちはすぐに貧血症状は現れません。

白血球

顆粒球、単球、リンパ球などがあり、体に侵入してくる細菌やウイルスと闘ったり、免疫をつくったりして体を守る働きがあります。

血小板

ケガなどをして出血すると、血液を凝固させて血管の壁を補修したり、出血を止めたりする働きがあります。

血漿(けっしょう)

約90%が水分で、約7%がタンパク質。残りは糖質、脂質、ビタミン、電解質、酵素、ホルモンなどで成り立っています。これらの成分は、全身の血管をめぐり、細胞や組織を正常な状態に保つ働きをしています。

ヘモグロビンの働き

酸素は呼吸によって体内に吸い込まれ、肺でヘモグロビンと結びつき、酸化ヘモグロビンになります。
新鮮な酸素を含んだ血液はいったん心臓に送られ、そこから動脈によって体じゅうの組織へと運ばれます。このとき、動脈血液は鮮やかな赤色をしています。それは、ヘモグロビンの成分である鉄が酸素によって酸化しているためです。
ヘモグロビンは、体の各組織に酸素を届けると、からだの代謝で生まれた二酸化炭素と結びつき、静脈をへて心臓に送られ、肺に戻ります。このときの静脈血液は、酸素が少なくなっているので窯っぽい色です。ヘモグロビンを含む赤血球の数は男女で差があり、1μℓの血液中に、健康な成人男性で約500万個、女性で450万個ほどです。
全身の血液量は、体重の13分の1ほどで、体重50kgの人で、約4リットルです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ