肩こりと貧血の関係について。貧血が原因で肩こりになる事があります。貧血から肩こりが起こる原因について知っておきましょう

肩こりと貧血

貧血によって肩の筋肉が酸素欠乏なり、
筋肉内に疲労物質がたまって筋肉がこわばり、頑固な肩こりを招きます

貧血と肩こりは、関連性があります。肩こりは、首から肩にかけての筋肉のこわばり、筋肉疲労によって起こる不快感の総称ですが、この不快感は人によっては重くだるい感じであったり、こわばり感であったり、痛み、頭痛やめまいをともなうこともあります。

貧血から肩こりが起こる原因

肩こり貧血から酸素欠乏になり、筋肉のこわばりが起こります。筋肉というのは弾力性に富んだ組織ですが、なんらかの原因で筋肉への血液循環が滞り、酸素の供給が十分に行われないと、筋肉内に疲労物質がたまってしまい、筋肉が本来もっている弾力性がなくなっていきます。細い筋線経の集合体である筋肉は、その筋線経の1本がこわばってくると、他の筋線経を圧迫してしまい、血液の循環を悪くします。その結果、1本の筋線経のこわばりが連鎖的に広がり、頑固な肩こりを発生させます。
貧血の方が肩こりを訴えるケースでは、鉄剤投与などによって貧血が改善されるとともに、肩こり症状も同時に消えていくケースがほとんどです。

貧血以外でも肩こりは起こります

肩こりの原因は、運動不足、同じ姿勢をつづけるストレス、筋肉疲労、肩の筋肉が発達していない、猫背、など、様々な要因が複合的にからみあっています。そのため、貧血を治せば頑固な肩こりも必ず消えると言い切れません。

※貧血は酸素供給の役割を担う血液中の赤血球やヘモグロビンの量が何らかの原因で減少し、体内に起こる酸素欠乏の状態を言います。

スポンサードリンク

ページの先頭へ