鉄剤と貧血の治療法について。鉄剤を摂取するときは、副作用(鉄過剰症)にならないよう、医師に相談する事をおすすめします

鉄剤と貧血

鉄剤の服用期間と服用量は、必ず守ってください。鉄剤の過剰摂取は、鉄過剰症を引き起こします。

鉄の吸収は徐々に行われるため、一般的に鉄剤の効果が現れるのは、鉄量として一日100~150㎎を2~3ヶ月服用してからです。鉄剤を摂取し始めて2~3ヶ月ほど経過すると、肩こりや頭痛といった貧血の症状もすっかり消え、鉄欠乏性貧血は改善されます。その後は、体内に鉄を蓄え、貧血の再発を防ぐために、貧血が治ったあとも、三ヶ月ほどは鉄剤を飲みつづける事が大切になります。

貧血治療後

体内にある鉄は、その70%がヘモグロビン、残りの30%は貯蔵鉄として肝臓や牌臓、骨髄などに存在しています。
鉄欠乏性貧血の患者さんは、鉄不足を補うためにこの貯蔵鉄をすっかり使い果たした状態のため、貧血の治療後、体内にあるべき貯蔵鉄を復活させないことには、再び貧血になる可能性があります。鉄欠乏性貧血の患者さんは、再発防止も含めて半年ほどは鉄剤を飲みつづけなければならないことを十分に理解しておいてください。

鉄剤の副作用

薬鉄剤の摂取により胃の調子が悪くなる事がありますが、これは鉄が胃の粘膜を刺激するためで、その刺激によって吐き気、むかつき、下痢などを引き起こす為です。しかしながら、昔の鉄剤に比べ最近では、胃粘膜への刺激をより少なくするために、徐放剤といって、胃では溶けずに十二指腸のところにきて溶ける薬も使われるようになっています。副作用が出たときは、主治医に相談することが大切です。鉄剤は鉄の吸収がよい就寝時、食前に飲むのが原則ですが、多少吸収が悪くなっても、食後に服用すると、鉄がほかの食べ物によって覆われるため、胃粘膜への刺激も軽減できます。あるいは1日の服用量を100mgから50mgに減らした。胃腸の状態が悪く鉄剤を服用できないときは注射をすることもあ。ます。とにかく、鉄剤の服用は長期間に及ぶのがふつうですから、副作用かもしれないと感じたときは、医師に相談してください。

スポンサードリンク

ページの先頭へ